形成外科における仕組みについて

形成外科と聞けば、整形外科と何が違っているのとか美容外科や美容整形と同じであると疑問に思われる看護師さんもたくさんいらっしゃると思われるでしょう。
形成外科に関しては、整形外科とも美容外科や美容整形とも違っている領域を扱っている診療科となります。
そして、これらは、身体による変形や欠損、見た目による不満足に対して、さまざまな手法や特殊な技術を駆使しながら、その部位についてさらに正常に、さらに美しくしていくための診療科になっています。
また、美容整形とは同じではないと思われるかもしれません。
しかし、形成外科において扱っている疾患を知っていくと、もう少しこれらに関する具体的なイメージに関して湧くはずでしょう。
そして、これらについては、褥創や熱傷などによる傷の治療やケロイド状になっている皮膚の治療や顔面骨折の治療、口唇口蓋裂などに関する先天性疾患の治療、乳がんにおいての乳房切除後による乳房再建などとなっています。
そして、整形外科とはまったく違っている領域の診療科ですので、美容整形や美容外科とは診療領域に関して重なっている部分はあります。