形成外科の診療内容を知っておきましょう。

形成外科では、先天的や後天的な体の表面の怪我や外傷、あざやほくろ、手足の形状の異常などを改善するのが主な治療になっています。
顔に目立つほくろやあざがあったり、火傷や顔面骨折などで顔貌や容貌が変わってしまった時に、元の形状になるべく近づけて、皮膚の表面などをきれいにするための治療を心掛けています。
腰の痛みや膝の痛み、手足の骨折などの治療を行う整形外科とは違う治療を行っています。
乳がんなどで乳房を欠損してしまった時の、再建手術も行っています。
病気や怪我などで、容姿が変わってしまった人は大きなショックを受けていますが、信頼できる医師が在籍をしているので、丁寧にカウンセリングを行い、1人1人の状態に合わせた施術を行っています。
ほくろやあざが気になっている人が多いですが、レーザーを照射することで、薄くしたり、目立たなくすることが可能です。
形成外科では、傷跡が目立たなくように丁寧に縫合を行っています。
火傷の場合は皮膚移植などの高い技術の治療も行っています。

千葉の形成外科で眼瞼下垂の手術

SD-WAN 海外

ウォーターサーバーのお試し限定プラン
天然水の種類も選べるので、好きなものをトライしてみましょう。

世界最高水準のコスパを発揮するブレーキディスク

複数のカードローンをまとめることができます

最新記事

  • 形成外科と言うのは、あまり聞きなれないでしょうが、素晴らしい医療分野になります。
    形成外科と言 …

    関連ページ①

  • 形成外科と聞けば、整形外科と何が違っているのとか美容外科や美容整形と同じであると疑問に思われる看護師 …

    関連ページ②

  • 形成外科に関しては診療による特性上、処置がかなり多くなっていますので、形成外科の看護師に関しては病棟 …

    関連ページ③